学習会の報告

12月9日(土)に「共生社会実現のために学習会」を開催しました。

 前半は東大和市地域福祉部障害福祉課小川則之氏より、措置から契約への流れの中でこの20年、大きく変化してきた制度の流れ・法律の変化や内容を中心にお話しいただき、後半は合同会社にて相談支援事業所やグループホーム運営にかかわり東大和市地域自立支援協議会代表としても活動中の田中海之氏より、これまでにやってきた事、今やっている事、今後やってみたいことも含めてお話しいただきました。
「個別の課題を地域の課題へ、無いものは作る」という前向きな姿勢、まさに私たちの心に深く刻まれている昨年12月に亡くなった海老原宏美さんの活動や生き方を思い出す機会となりました。

 そもそも「共生社会」って何だろう、「障害」ってどういう事、参加者の質疑応答からも話は拡がり、意見交換が深まったように感じます。帰り際、「今まで良く知らなかったけれど今回参加してみてよかったよ。」「昔、近所にダウン症のお子さんがいてね、その子どもさんの事を想いながら聞きました。」「価値は人の心が作り出す、普通って何?ということについて、自分の事として聞いたよ。」「実は親戚に難病の人がいてね・・・」等の声が、帰り際に聞かれました。

 参加申し込みしていたけれど、体調不良等で急遽欠席が数名ありましたが、講師を含めて22名の方に参加いただきました。色々な方に知っていただくこと、関心を持っていただくことが共生社会の最初の一歩かもと感じられた会でした。

2023年度学習会チラシ正式版(12月)

本件に関して投稿が可能です。左上のコメントをクリックして下さい。


第46回東大和市福祉祭に参加

2023年11月12日(日)

 曇り空の寒い日でしたが、福祉祭は中央公民館及び市役所中庭にて賑やかに開催されました。
 協力団体として「福祉なんでも相談コーナー」に参加しました。今回は地域の人に社会福祉士を知っていただくために「地域で働く社会福祉士の紹介」ポスターの掲示、チラシ配布をしました。他に各種パンフレットも用意しました。
 足を止めてポスターを見る人、興味のあるパンフレットを持ち帰る人、そして相談も多数寄せられ盛況でした。社会福祉士を知ってもらう機会になり、また多くの人とお話が出来て貴重な時間でした。

fukushi_sodan配布用

本件に関して投稿が可能です。左上のコメントをクリックして下さい。